So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

メルカリ>とりあえず「不正」は免れたようです。(^o^;) [日記]

 こん○○は !! 白狸です。また作業が滞ってしまいました。前回でも述べたように『ネットオークション』での購入に勤しんでおります。私は鬼のように「まとめ買い」をする質なので・金額も結構張ります。(^o^;) さすがにいい加減な買い物はできま

せんので、その購入したい商品を吟味・下調べなどしているわけです。【メルカリ】で「白狸」で検索すればすぐに見つかると思いますので、興味のある方は覗いて確かめてみて下さい。(笑)


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 前回述べた【メルカリ】での「不正取引」騒動ですが、昨日ひとまず解決・回避する運びとなりました。運営者・利用者の双方による不備から、事態がこんがらがってしまったといったのが真相ですかね。


 私と取引した出品が不正取引に当たるとして削除された件に関して、その購入者である私は納得できないことからメルカリ事務局へ問い合わせします。「不正取引だとWEB版では削除され、アプリ版ではそのまま残っていたりする。警告は出品者だけ。なんなのコレは?」といったデータ上の不具合から問い詰めた次第です。(^_^;)


 個別メッセージ
お問い合わせありがとうございます。
メルカリ事務局です。

お問い合わせの件につきまして、ご不便をおかけしており申し訳ございません。

商品自体の内容以外を記載した商品名で出品する行為は、購入者が理解しづらくトラブルに発展するケースが多いため、ホーム画面に表示されない仕組みです。

該当の商品が上記に該当し表示されない状態となっているため、Webサイト上からの閲覧ができなくなっている可能性がございます。

本件は皆様に安心・安全にメルカリをご利用いただくための仕組みとなりますので、何とぞご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

次に、先日よりメルカリでは以下のニュースを掲載させていただきました。

「架空取引についての注意喚起」

該当のニュースにつきましては、メルカリのアプリをご利用いただいている、全てのお客さまへ配信させていただいている内容となります。

特定のお客さまへ向けて配信を行っているものではございませんので予めご了承ください。

このたびはお客さまに混乱をお招きしてしまいましたことお詫び申し上げます。

なお、本件についてご不明な点がございましたら、事務局までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

何とぞよろしくお願いいたします。

メルカリ事務局


> 白狸さまよりお問い合わせです。

> 商品ID: m*****************
> 購入者側/出品者側: 購入者
> ①複数の商品を同時に購入するため・上記でまとめて出品して頂いておりますが、ここWEB版ではなぜか削除され、アプリ版では残っている状況となっております。どういった事情でしょうか?

> ②また本日出品者様から「不当取引」なる警告が発せられたと連絡がありました。当方との取引が対象となっているのでしょうか? コメント欄を覗かれてのものかと推測されますが、もしそうなのであれば具体的に私の方へ説明して頂きたい次第です。

> 出品者様がかなり不安を感じられてしまい、こちらとしても不本意なことです。

> ご回答をお待ちしております。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 結論から言いますと、下記のような経緯が生じて・双方ゴタゴタに陥ったようでした。

 ネットオークションでは
・「IE」や「Google chrome」などWindowsのブラウザを使ったもの
・単独機能アプリ「メルカリ」を使ったもの

 2種類が存在します。内容は全く同じにしなければならない(データの整合性)わけですが、残念ながら「データの不整合」がたまに存在してしまうようです。銀行で言うならばATMの取引管理の不備で支払いがダダ漏れした【みずほ】のような大失態となるわけです。(苦笑) そこでアプリ側だけが残っている状況では実際に購入した際に何かしらの不備が生じかねないことから「出品の仕直し」をお願いしました。そして結果としてこのようにデータの整合性が確保されたということになります。

①「商品の不透明さ」から強制削除が行われたものの・なぜかWEB版だけが削除されてしまった(処理場の不具合)。そして警告が出品者だけに一方的にされてしまった。
②警告を受けた事を告げられて気になった購入者側:元SEの私が色々と推測・探りを入れてみたけれども・面倒臭いので「改めて出品」を申し出た。
③しかし事態がよくのみ込めず・警告によって「出品停止」が頭をよぎられた出品者様のご様子が察しられたため、今回の取りまとめ依頼を「白紙に戻す」ことを決心した。
④古物様方との縁が無かったかと・泣く泣くふて寝して目覚めてみたら「改めて出品」されて事態が改善していた。(^_^) ということになります。

 まあ当事者でないと最初?な話だと思いますが、【メルカリ】が指摘する「不正取引」とは、出品がハッキリとしないもの・画像が商品説明に合っていないものなどは「架空取引」の危険性があるとして強制削除が実施されているようです。これは先週から一般Newsでも何度か取り上げておりますが、「盗難品の売買」ならび「マネーロンダリング」が実際に行われてしまってる現状に【警察】から相当強い指導が入っているようです。そうしたことが社内全体で通達され、現状はまだ目視・人の手による監視体制のために個々に対応の差が生じてしまっている。そんなところだと思われます。また今回改めて処理上のバグ:不具合(データの整合性がWEB版とアプリ版とで合わない)も見つけてしまったことになります。(苦笑) 


 そして改めて痛感させられたのが【メルカリ】の優位性です。圧倒的に女性の利用比率が高い場所ですが、女性は「警告」なるものを異常に恐れます。男ならば「どこがおかしいのか?」とすぐ問い質すところですが、か弱い女性の場合はスンナリと言うことを聞いてしまう傾向が強いです。おかげで私との取引が「悪党」と関わりを持つような、そんな返事も幾つかありましたしね。同じ女性でも「何言ってんの?」と肝の据わられた方もおられましたが、案の定・関西の方でした。(^o^;) いつもお世話になっております!



 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 ちょっと時間も空いたので事の経緯をメモしておきました。また併設してある『シュライヒ』が滞ってしまいましたね。近い内に再開させますので。暫くはまたストック・単品紹介が続くと思いますが・・・ 



 『北朝鮮問題』も「トランプ米大統領の東南アジア訪問」ですっかり下火となった雰囲気ですね。拉致問題にしろ、その後のTwitter発言にしろ、本心は武器の売り込み?と思わざるを得ませんし・・・ 。それでも経済が回ると我が国の内閣府は誇らしげに言うのでありましょう。バカな国だよ、ったく。(怒)


 まずはもう一度、ファーストレディから責めた方がよいのでは>野党の皆さん。小渕優子も忘れずに。(爆)


nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -